▶新着ニュース

【社会的メッセージ広告が増えている理由】『ムダかどうかは、自分で決める』by貝印。

上記のメッセージは、かみそりで有名な貝印が8月17日(月)より展開しているコミュニケーション・メッセージです。MEME(メメ)というバーチャルキャラクターを創造し、インスタでも展開している様子です。
▶知っトク心理学

【承認欲求の奴隷】インスタグラムに関するマドンナのコメントから。

ちょっと昔の記事ですが。常に時代の賛否両論を巻き起こすマドンナのコメントです。「承認欲求」は、「他人から認められたい」「自分を価値ある人間として認めて欲しい」という欲求のこと。社会に営む人間だったら誰でも持っている欲求だと思います。しかしながらその背景には「他人と比較して優位に立った上で…
▶メイクセラピーとは

【多様化時代の「自分らしさ」】社会は思い込みで成り立っている。

つい先日、衝撃を受けたTweetがありました。何気なく読み始めて、途中で「ん?」となり、最後のオチで「あ」と気づく。昔々、美容部員だった私にも思い当たる経験があります。「化粧」は女性がするものだ、という前提で、店頭に立っています。来店客の多くはもちろん女性。でもたまに男性のお客様もいらっしゃいました…
▶新着ニュース

【ビューティーチェンジ】変わりたいあなたを応援するのがメイクセラピー。

小林製薬「命の母」から、驚きのキャンペーン。なりたい「わたし」になれるビューティーチェンジキャンペーン。~ プロの技術であなたを大変身!一生の記念に残る一日をプレゼント! ~ ついに、「なりたい自分になる」ことがキャンペーン賞品になる時代になったのかぁ、とこのキャンペーンを知った時に思いました…
▶メイクセラピーとは

KANEBO「生きるために、化粧をする。」について、あなたならどう思う?

KANEBOカネボウさんの広告「生きるために、化粧をする。」がネットで炎上している様子です。メイクセラピストとしては「なぜ、この広告が炎上するの?」と最初は疑問でした。なので、コメント欄を見に行ってみると・・・こんなにも「化粧する」ことについて、否定的な捉え方が多いとは思いませんでした…
▶メイクセラピーとは

【変わりたいけど変われないあなたに】背中を押すのがメイクセラピー。

人は誰でも変わりたいと思ってる。でも、それに気づいているか、気づいていても行動にうつせるかどうか、その行動を継続できるかどうか。人が変わるためには、乗り越えなくてはならない多くの心の壁があります。ほんのちょっとの一歩だけど、その一歩がなかなか踏み出せないからこそ、現状にとどまったまま。その背中を押すことができるのが…
▶メイクセラピーとは

【女性特有のエイジクライシス】年代の区切りで自分と向き合う。

エイジクライシスって何? 聞いたことがない言葉かな、と思います。それはそうでしょう。私が作った造語だからです(笑)。 海外では「ミドルエイジクライシス」という言葉が有名で、男女関係なく中年期に起こる心理的危機、うつ病や不安障害などのことを示します。では「エイジクライシス」とは…
▶大人女子倶楽部

【大人女子倶楽部】飲まない自由を満喫する。完全ノンアルコールバーが六本木に登場。

大人女子として、ちょっとこだわった先取り情報を知っておきたい。お友達への手土産やギフトに、私らしくちょっと個性的なものを送りたい。自分の毎日の生活の中で、ほんの少し自分へのご褒美的なものを取り入れたい。そんな大人女子向けな商品やサービスをお伝えしていこうというのが【大人女子倶楽部】です…
▶メイクセラピーとは

【どうして人は他人を平気で傷つけるのか】あなたが悪いわけじゃない。

どうして人は私を平気で傷つけるの、どうして人は自分勝手なの、どうして私ばっかり・・・そんなふうな毎日を終わりにしたい。そのためには・・・自分自身が変わらないといけない、ということに気づかないといけないのです。「他人は変えられない、自分は変われる」…
▶知っトク心理学

【コミュニケーションの達人】銀座NO.1ホステスに学ぶ、苦手な人の克服方法。

人間の心理なんて、実はとても単純なもんです。長年生きてきて、いろんな人と会って、自分自身にも振り返ってみると、人間の心のもちようなんて複雑なようで実はシンプルな構造でできているなぁと、最近特にしみじみ思ったりします。例えば、褒められて嫌な気持ちになる人なんていない。いや、そんなことないよ…
Scroll Up
タイトルとURLをコピーしました