【ポジティブな言葉を優先にする】引き算でカウントする人生より、足し算で生きる

▶知っトク心理学
Pocket

そろそろ自粛解禁で、お友達と飲み会や食事会などの予定を調整したりしはじめていませんか。

予定を決めるのに「ねえ、●月はいつが空いている?」なんて連絡を取り合い始める頃だと思います。

私も先日、自粛解禁きっかけで久しぶりに仲間と集まろうというLINEを受け取りました。

幹事を引き受けてくれた子から

「久しぶりに飲み会しましょ~♪」
「いつがいいかな?曜日はどうかな?」
「空いている日をお知らせくださいね~」

なんてウキウキした感じなコメント。

そんなとき、早速、メンバーから帰ってきた返事がこれ。

「●●日までダメで、●日もダメ」

あなたなら、どんな印象を受けますか?

答えとしてはひとつも間違っていないんだけど。
なんとなく「ダメ」ワード連発で、私は悲しい感じにうけとめちゃいました。。。

同じ意味でも、

「幹事を引き受けてくれてありがと~」
「●●日から~●●日までは大丈夫だよ」
「あ、●日も大丈夫!」
「それ以外は埋まっているからごめんね」
「すごく楽しみ~」

なんて返事が来た方がウキウキ感がアップしますよね。

たぶん、ポジティブな返事をする人っていつも「できること」からカウントしている気がするんです。

逆に、ネガティブな回答が先立つ人って、なんでもマイナス面ネガティブな面できない面からカウントしているんだろうなぁって私は感じてしまいます。

私もつい何も考えず、できないことから返事しがちだけど、誰かに回答するときは、「できること」を先にカウントしようと改めて思った今日この頃でした。

コメント

Scroll Up
タイトルとURLをコピーしました